フリーランスという”生き方”を学ぶ1ヶ月間

working-tools

 明日から始まる田舎フリーランス養成講座。まるで遠足前日の小学生のように僕の頭の中はワクワクでいっぱいで、寝ようにも眠れず朝を迎えてしいました…。それくらい明日(いや、もう今日)から始まる田舎フリーランス養成講座が待ち遠しいのです。

色んな生き方があっていいんだ

working-man

 大学一年生の時、将来の夢を聞かれた僕は迷わず「先生」と答えました。中学校の頃も、高校の頃も僕の夢は「先生」。なぜかって、僕にとって大好きでかっこいい恩師がいつの時代もそばにいてくれたから。「ああ、自分もこんな人になりたい」って、そう強く思いました。しかし大学に入ってから、本当に様々な業種の方と出会い、たくさんの人と話しているうちに、良い意味で将来に”迷う”自分がいることに気がつきました。「国際」「教育」「子供」ここへの興味や想いは変わらずあるのですが、それを成す手段は先生だけではないって気がついたんです。先生以外の働き方をもっと知ってみたい、それでも先生が一番なりたかったら僕は世界一素敵な先生を目指そうと思いました。
 まさに明日から始まるフリーランス養成講座も、僕にとっては新しい世界への第一歩であります。知らない世界を知りたい。自分の可能性をもっともっと広げたい。世の中の常識はいつの日だってちょっぴりでも変わっているはずです。色んな生き方があっていいんです。
  

田舎フリーランス開始の鐘がなる 

inafiri-tsuru-place

 あれ?田舎フリーランス養成講座って?そんな風に思う方は、ぜひ以前の記事「春休みは山梨でフリーランス×田舎暮らし留学で決まり!」を読んでみてください。この講座の決起会が夜にありまして、いよいよあと数時間後からいなフリが始まるのです。なんだか今は、ドキドキとワクワクで複雑な気持ちに苛まれています。開始して走り出してしまったら、もう前を見て進むしかありません。初めてのことに挑戦するときはいつだって勇気がいります。でもその勇気を振り絞って何かを作った時のあの感動は、何度味わっても決して慣れない最高の感覚なんです。

僕がこのプロジェクトで学びたい事 

learning

 今回僕は、運営メンバーとして参加するため受講生ではないのですが知識量を詰め込み、自分自身が簡単な悩みにを丁寧に教えられるレベルまで持っていけるようにしたいです。それと同時に、メンターとしての役割やファシリ・運営のスキルなど内部面での成長にも貪欲にいきたいです。受講生の一番近くで寄り添いながら、一緒に課題や問題を解決していけるようなそんな存在になりたいと思っています。
①最低限の家賃生活費を稼げるレベルの知識と技術を得る [月5万円] ②運営に本気で関わり毎週全員と何かしらのコンタクトを取れるようにする

最後に

 縁あって関わることになったこの田舎フリーランス養成講座。「やりたい事」を言葉だけで終わらせないように、受講生や周りの人の心にしっかり”伝えられる”ように、まずは自分が動いて行動で示せる人間でありたいと思っています。1か月間、頑張るぞ~!!

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

if you like it, :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA