【最新版】タイ バンコク | おすすめの穴場ゲストハウス (2018年9月)

「平成最後の夏」という言葉が流行っていましたが、そろそろ使えなくなってしまいますね…。
暑かったタイから日本に帰国して、夏の終わりをようやく感じ始めてきました。

皆さんは今年の夏、どこかへ旅に出ましたか?
僕は2年ぶりにタイに行ったので、少し懐かしい気持ちもあり、その反面どんどん発展し変わっていくタイの勢いに圧倒されました。

前はこのゲストハウスあったのに…となくなった宿を惜しんだり、逆に新しい素敵な宿を見つけてテンション上がったり。変化を感じることができるのも、東南アジア諸国の魅力かもしれませんね。

ということで!
前置きが少し長くなってしまいましたが、今回はそんなタイバンコクの安宿/ゲストハウス情報をご紹介させていただきたいと思います。

1. バンコクのゲストハウスの相場

バンコクにはいろいろなゲストハウスがありますが、部屋の種類も多様で結構ゲストハウスによって値段や設備にバラツキがあります。

ですので、相場というのを設けるのも困難なのですが簡単な目安としてあると初めての人もわかりやすくて良いかなと思いますので、無理やりまとめちゃいます!

部屋のタイプは大きく分けて3つ!
①ドミトリー(相部屋)タイプ:200バーツ前後 [約700円] ②シングルルーム:300バーツ前後 [約1000円] ③ダブルルーム/ツインルーム:500バーツ前後 [約1700円]

3人以上やファミリールーム的なものもありますが、今回は僕自身泊まっていなかったり母数も少なかったりするので割愛させていただきます…。

※多くの人がまず泊まるであろう、カオサンロード周辺を調査対象としています。
※2018年9月11日現在のレートが 1バーツ=3.4円くらいなので、それで計算しています。

特にカオサン通りでは、ドミトリーは少なめでシングルが多いイメージで、カオサン通りから少しだけ離れると(徒歩10分ほど)ドミトリーで安い場所が多かったり、設備が良いシングルルームが安くあったりします。

2. バンコクで人気の定番ゲストハウスたち

さすがはバックパッカーの聖地と言われるほど、バンコクには毎年たくさんの旅人が訪れるため情報も多くあります。それらのサイトでよく紹介されている、定番ゲストハウスを簡単にまとめました!

2-1. ロングラックゲストハウス(Long Luck guesthouse)

言わずと知れた、大人気の日本人宿!今回も泊まろうと思ったけれど10日間先まで予約が埋まってしまっていました…。多くの旅人が集まり、毎日賑わっている印象です。
ロングラック FBページ(予約も出来ます)

2-2.  エブリデイバンコクホステル(Everyday Bangkok Hostel)

とても綺麗で共有スペースもオシャレでくつろげます。ロングラックの近くにあって立地的にも静かめの通りでちょうどいいと思います。
エブリデイバンコクホステル 予約情報

2-3. カオサンロード沿い各種ゲストハウス

まとめてしまってすみません…(笑)いくつか思い当たる場所がありますが、結構入れ替わりも激しいようでなくなってしまっていたりもして。

でもとにかく、カオサンロード沿いもしくはその隣の道沿いに、値段を聞きながらまわって宿泊する旅人が多い印象です。

3. おすすめの穴場ゲストハウス3選

3-1. ミントゲストハウス

ロングラックのすぐ近く(徒歩1分ほど)にある大型のゲストハウスです。ほとんどがドミトリーになっていて、特に西欧人のバックパッカーに人気の場所だと思います。

ポイントとしては各ベッドにしっかりとカーテンが掛けられていたり、貴重品ロッカーが完備されエアコンもあること。そして何よりも安い!朝食付きで一泊130~140バーツ[約475円] は破格だと思います。

デメリットとしては、収容人数に対してロビーやシャワーの数が少ないことです。それ以外はWifiの速度も含めて特に問題ありませんでした。

3-2. ワンスインバンコク

比較的新しいゲストハウスだと思うのですが、とにかく大満足でした。僕の場合はbookng.comで直前予約をしたためダブルルームが450バーツほど[約1530円]で泊まれました。(直前+サマーセールだったらしく、定価は600バーツ程でした。)

オーナーさんをはじめとするスタッフさんがみんな優しくて、道の案内から観光まで親身になって相談に乗ってくれました。部屋も広くシャワールームなど含め全巻綺麗だったこと、カオサンロードに近いこと、朝食はつかないがお菓子とコーヒーがフリーな点が満足度を上げてくれました。

3-3. バックパッカーズステーション 

カオサン付近を離れて、スクンビットやオンヌット周辺の宿巡りをした際に見つけた場所です。
できて間もないためか、非常に綺麗で設備も整っていました。

一泊200バーツ[約680円]でした。ここのゲストハウスのポイントは、無料の朝食に加えてキッチンや冷蔵庫が使い放題な点と周辺に市場があったりと下町感を味わえる点です。

昼間に市場で地元の野菜などを買ってきて調理したり、周りのお惣菜屋台で買ってきたおかずでご飯を食べたりなど、カオサンとはまた違った楽しみもできました。空港や中心地にも近い点もおすすめの理由です。

4. 最後に

いかがだったでしょうか。
バンコクは人気の旅先というだけあって、情報も溢れていますし正直現地へ行ってからも宿は探し放題ではあります。

僕自身も今回は毎日違うゲストハウスに変えて「泊まる」を楽しんでみました。僕の場合、泊まる場所の快適さや宿泊先での他の旅人とのコミュニケーションなどが旅の大事にしたいひとつなので、良い思い出にもなりました。

初めてで不安な方や、いつもとは一味違ったゲストハウスに宿泊してみたいという方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございまた。
あぁ…書いていたらすでにタイシックです(笑) 誰かそんな僕の代わりにバンコクに旅してきてくださいね!

良い旅を~♪

ーーーーーーーーーー

[余談]

Booking.comで周辺の相場を調べたり、直前の割引を利用したりするとさらに旅がしやすくなるかもです。

招待コード「SHUN0118」を入れていただくと、私もご登録した方両方に1800円付与されるようなのでよろしければ…!

if you like it, :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA