人生/オピニオン

「今じゃなきゃダメなんだ」を大事にしたい。

みなさん、こんばんは。

ー只今の時刻、午前3:00ー

こんな時間に僕は久しぶりのブログを書いています。多分今すべきことは、他のことなのかもしれないけれど、どうしても書きたいものは書きたいのでこうして文章を綴るのです。

例えるなら、大好きな人や家族の待ち合わせにどうしても間に合えそうもない時に「とにかく急いでほしい」と捕まえたタクシーの中で叫ぶ瞬間。

例えるなら、携帯の中の大事な写真データが消えそうな時の「いくらでも修理費は払うので」と懇願する修理屋さんでの時間。

あなたにとって

  • 「どうしても今じゃなきゃ」
  • 「どうしてもこれじゃなきゃ」

っていう、そんな時はいつですか?

 

「どうしても」という瞬間に込められた不思議

「どうしても」という強い暗示を自分にかけてしまう必要があるほど、心をゆさぶれる瞬間が、生きていると何度かあると思います。時にそれは”焦り”の状況かもしれないですし、逆にゴールを目の前にした”期待”の状況かもしれません。

僕は今がまさにその瞬間なのですが、みなさんもぜひ思い返してみて下さい。あなたの「どうしても」という瞬間を横に浮かべながら読み進めていただけたら幸いです。

「どうしても」の瞬間に起きるのが、いろんな不思議現象。

時間やお金などの価値観が、まるで無重力になる現象

普段は節約している人がとことんお金を使っていたり、時間に追われている人がひたすらだらけたり。

当たり前のようにかかっている重力が、無になって自由自在に飛べるようになるそんな現象が起こります。あまり調子付いて浪費しすぎてしまうと、無重力が解けた瞬間の圧が驚くほど重いかもしれませんが、その限度さえ超えなければ無重力空間を思う存分楽しむことをお勧めしたいです。

人間は知らず知らずのうちに、自分で作り出した時間とお金の価値観に縛られてしまっています。その殻を破って、いつもと違う景色を覗き込むには最適な瞬間だと思うからです。

謎のモチベーションが、泉のように湧き上がる現象

周りの声が聞こえないほどに、目の前のことに没頭してしまうことってありますよね。「好きだから」とか「何かのために」と言った理由が見えなくても、謎にモチベーションが湧き出てきて永遠にできるんじゃないかってくらい集中できる瞬間があります。

受験期など特に、僕はその謎のモチベーションに支えられていました。

何かに没頭したくなった時(している時)なんかは、あまり深く考えすぎずにとにかくその目の前に現れた大波に身を委ねて飛び込んでみましょう。波のてっぺんで、自分が没頭している理由や理想の姿が見えてくるかもしれません。

世界に自分(と関わる誰か)しかいなくなる現象

上にあげた2つのような不思議な現象が、「どうしても」という瞬間には突如現れます。

そしてその世界は、気がつけば自分だけの空間に。もしかしたら、想像している誰かや共に没頭する誰かが傍にいたら、その人も一緒に世界にポツンんと存在できます。

この世界がなんとも心地良いんです。思う存分堪能してから、帰還して下さい。

 

なんだか、そろそろ今書いているこの記事の方向性を自分自身が見失ってきたと同時に、「この人何言ってるんだろう?」って読者に思われるんじゃないかなって心配が頭をよぎり始めてきました。

まぁでも心を強く保ちながら書き続けます(笑)結論を出すことが目的ではないので、深夜のつぶやきをもう少しだけ。

 

なんで「今じゃなきゃダメ」なの?

色々と謎なことを並べてきましたが、そんな不思議な感情をさらけ出すのも、まさに「今」しないとダメなんです。

なんでかというと、答えはシンプルで。

「今のこの感情は、1分後には完全には思い出せないから」

もっと言えば、明日には感情を抱いていたこと自体忘れちゃうかもしれない。覚えているつもりでも、いくつかの感情は落として進んでしまっているかもしれない。

 

もし今考えているそのことが、「どうしても」なことだったのならば、絶対に”今”この瞬間を逃しちゃいけないと思います。あとで後悔しても、その後悔の対象となっている感情は、もうすでに何かが抜け落ちた今のそれとは違うんです。

 

僕は「今じゃなきゃダメなんだ」を大事にしたい

とりとめもない話をしてきましが、僕はここまでお話をしてきた「今じゃなきゃいけない」そんな「どうしても」な瞬間を大事に大事にこれからも生きていきたいと考えています。

きっと僕は、知らない国を旅している時まさにこの大事にしたい感覚が研ぎ澄まされている気がするのですが、それは日本にいる日常でも同じように感じていたいなって思うんです。

仕事でも、恋愛でも、趣味でも、何かわからないモヤモヤしたことでも

  • 「今すべきだ」
  • 「今しなきゃ気が済まない」

そんな「どうしても」があったのなら、それは確実にあなたの人生に大きなインパクトを与えるであろう瞬間だと思うので、ぜひ大事にして、可能ならば思い切って飛び込んでみて下さいね。

 

さて、どうしてもしたいことがまだ今夜は山積みなので、今夜のつぶやきはこの辺。

こんな謎でいっぱいのお話に、最後まで付き合ってくださりありがとうございました。

素敵な夢を見て下さい、おやすみなさい!

if you like it, :
error