飛行機の待ち時間で旅する石油王国U.A.E.

U.A.E.-grandmosque
U.A.E.-grandmosque

世界一周の旅1ヶ国目は、中東のU.A.E(アラブ首長国連邦)!

実は去年も1週間ほどこのU.A.E.と隣のオマーンという国を旅したため、今回は飛行機の乗り換え時間(22時間)を利用してアブダビを少しだけ観光することにしました。「物価が高い」というイメージを持つ方がいるかもしれませんが、工夫して旅をすればそれほど気にならないと思います。日本を旅するよりはるかに安いです(笑)

 

制限時間は22時間。アブダビの街へ飛び出そう!

uae-lounge

日本からモロッコへのフライトで、あえて乗り継ぎ時間の長いチケットを取りました。値段的にも安かったですし、前回はアブダビの空港に行っただけで街を観光できていなかったのでちょうど良いと思いました。

朝の4時頃にアブダビ空港に到着。空港内のカフェとラウンジで作業をしたり調べ物をして、9時頃から街へ観光に行きました。ちなみにU.A.E.は日本人はビザ不要ですので、乗り換えの航空券を見せれば簡単に出れます。

モロッコ行きの飛行機は夜の1時30分発だったので夜型には戻ってきて、ラウンジでシャワーを浴びて仮眠をしてばっちり飛行機に乗り込みました。

 

1000円だけ両替してバスに乗り込む

モスク見学は無料のようなので、移動費と軽食費として1000円だけU.A.E.の通貨に両替しました。アブダビ空港からは市内へのバスが出ていて、一回乗るのに4DH=約140円(2015年11月現在)とお手頃な値段なので便利です。空港を出てすぐ前にバス停があります。ただし、かなり混雑する時間帯もあるので要注意!

 

まずは街を歩いてみる
uae-city

かなり工業化されているというイメージがありましたが、それほどまでではありませんでした。東京の方がビルが乱立していて高さもかなりの高さだと思いました。街の人はのんびりと昼寝したり散歩したりしていて、道にな寄っているとすかさず流暢な英語で話しかけてくれて助けてくれました。

 

目当てのグランドモスクへ
Lr1-4276

着いた頃にはすっかり暗くなってしっていたのですが、夜は夜でライトアップも盛大にされていて幻想的でした。このグランドモスクは正式名称「Sheikh Zayed Bin Sultan Al Nahyan Mosque」、U.A.E.建国の父とも称されるシェイクザイードが埋葬されているイスラーム寺院です。

映画「Sex and the city 2」にも登場したり、世界一の手織りペルシャ絨毯、世界一大きいシャンデリアなどなど見所満載でとにかく豪華過ぎます。なんとな〜くで訪れた自分が恥ずかしい(笑)期待以上の迫力でした。インドのタージマハル並みに感動したかもしれません。

入場も無料なので、是非アブダビへ行く機会がありましたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。あと、写真は僕が下手すぎて貼ってしまうと印象が劣ってしまう気がしたのであえて上のものだけです(笑)他の方のブログやflickrなどに素晴らしい写真がたくさんあったので検索してみてください♪

 

例え短時間の旅だって、出逢いで溢れてる

Lr1-4320

たったの数時間で旅なんて楽しいの?と思われる方もしらっしゃるかもしれませんが、それでも案外楽しいもんです!短い時間しか無いなりに色々見ようと頑張って歩けますし、何よりも旅は出逢いで溢れています。

僕はこの日、グランドモスクの周りを歩いていたら、フィリピン出身でアブダビで働いている4人がタクシーで拾ってくれて、一緒にそのままモスクを見学してご飯を食べに行きました。楽しかったなぁ〜♪

多少バタバタはしましたが、宿泊費もかかりませんし(U.A.E.はホテルばかりなので個人旅行はここが高くつきます)アクセスも良いのでアブダビを観光して良かったと思っています。

ブログでも簡単な日記を書いているの宜しければ(^^)

ep2,飛行機の乗り換え時間で旅する石油王国

U.A.E.まとめ【出費/宿/移動】2015.11

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

if you like it, :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA